teiの庭

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□  □

ジムノペディ第一番

こんばんは。

今日は、ピストン・コラージュをいじっているうちに一日が過ぎました。
こういうソフトがあったら欲しいなーと思っていたら見つけた音楽ツールです。
それで、とりあえず一番好きな曲を打ち込んでみました。
エリック・サティの「ジムノペディ第一番」です。
これはかなり有名な曲だと思うのですが、曲名を聞いてもぴんとこない方も多いようですね。なので、打ち込んだものを挙げておきます。

ジムノペディ第一番(mp3)

すごく中途半端なところで終わってしまっていますが、容量の都合でこうなってしまいました。あしからず。

私は昔、この「ジムノペディ第一番」をモチーフにした詩を書いたこともあります。部活動の一環、音楽から着想を得て何か書いてみようという企画に参加させていただいたものです。
丁度良い機会なので、追記に上げておきます。もしお時間と興味があれば、ご覧下さい。

クノッソス、ラビュリンス

迷宮の奥深くに、迷い込んで行く。

自分のいる所は明るい。しかし、一寸先は見えない。

暗い、入り組んだ通路が、どこかへつながっている。

いや、もしかしたらつながってすらいないのかもしれない。

足音は反響して、通路の奥へ、一人で歩いて行ってしまった。私という本体を置いて。

迷宮に、出口はない。入り口さえも、遥か昔に見失った。

進むたびに退路は閉ざされ、私は何時までも一人でさ迷う。

鼓膜を通り過ぎるアコーディオンの音色。

網膜を焼き尽くす夕日の赤。

迷宮の奥深くに、怪物が閉じ込められている。

自分のいる所にはいない。しかし、一寸先にはいるかもしれない。

細い、入り組んだ通路が、どこかへ伸びている。でも、どこに伸びているのかは知らない。

遠い記憶の中で、誰かが叫ぶ声がする。誰かが哭く声がする。

いつか失った私の足音が、私を追いかけてくる。

目の前を行過ぎる母の微笑。

目の前に倒れ伏す乙女の嘆き。

足音が私の後ろに立ったとき、視界の外れに、一本の糸が見えたような気がした。

                               ジムノペディ第一番
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2011/02/20
Trackback:0
Comment:0
UserTag: 創作    ジムノペディ第一番  エリック・サティ  The  Pxtone  Collage  音楽 
Thema:
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://erikusatei.blog9.fc2.com/tb.php/49-a8ed508b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。