teiの庭

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 創作小説 □

今まで書いてきたもの3+今書いているもの

今日紹介するのは「星の揺籃」です。
これは、私には珍しくSFものと分類している作品で、自分自身結構気に入っている作品でもあります。何故閲覧数が伸びないのか疑問です(笑)

舞台は未来。人類が、特殊なスーツに身を包まなければ死んでしまうような環境で数世紀を生きてきた、という設定。
太陽が接近して、地球が崩壊しようというそのときに、少年が何を見、何を思ったのか、という短編。

確かこれは大学一年生の時に書いたもので、講義中に思いついて、その時間中に書いてしまったという(´・ω・;)な作品でもあります。その講義が「衣服と人間」についての話だったため、自然とストーリーもそちら側に傾いていました。
もし興味がおありでしたら、タイトルからどうぞお読みになってください。ショートショートと言っても良いくらいの短編ですので、三分もあれば読めるのではないかと。

で、今日は今書いているものについても書いておこうかなと思います。……が、かなり長く+愚痴っぽくなってしまったので、それでも読んでやるぜという方は追記からどうぞ。
今書いている長編は、学校ミステリーもの(?)です。去年の春ごろから書いていた……ような。
一年生の時にミステリーについての講義を受けていたので、それの影響もあると思います。
結構な長さになりつつあり、ゆくゆくはどこかの賞に応募したいなーと考えているのですが、今疑問なのは、賞に応募するものは、事前にweb上に発表して意見を募ってはいけないのだろうかということです(´д`)
私の考えとしては、おそらくアウトなのだろうと。
けれど、私と同じように小説を投稿サイトに投稿している方の作品紹介部分に、「いつかこの作品を○○賞に応募したいと考えています」的な文章を見つけ、「え? それって良いのかな?」と分からなくなってしまったのです。
応募する賞にもよるとは思いますが、大抵の賞は「未発表のもの」と規定されていますよね?
この場合の発表というのは、どこからどこまでの範囲を指すのかなーと、時々考えるのです。

一度webに発表したものだけど、大幅に改稿して賞に応募、ならまだ許されるのかな、とか。
webに発表とは言っても、極々一部の限られた人にしか見せずに、意見を聞く程度なら許されるのかな、とか。

やっぱり、一度書いた原稿は、誰かに見せて意見を聞いて、修正なりなんなりをしてからでないと、賞に応募するなんてことはしちゃいかんよなと思うのです。でも、現実には、自分が書いた長編作品を最初から最後まで目を通して、且つシビアなアドバイスをくれるような人は、なかなかいないと思います。
私が所属する文芸部でも、賞に出したいと思っているこの作品を読んでくれ! という取り組みをしてはいますが、そんなこと、強制できるものではありません。それに、誤字や脱字の指摘程度ならしやすくても、内容や文章に対して「正直これは変だよ」などと、面と向かって言える人はそうそういません多分。

面と向かって言いづらい内容面での指摘を受けるならwebがいいかなと思うのですが、必ずしも誰かが読んで感想まで言ってくれるとは限りません。なので、やっぱり現実とあまり変わりないよなー、とか。
そういうことをつらつらと考えていたりします(´・ω・`)

何か良い考えをお持ちの方がいらっしゃいましたら教えてくださるとありがたいです。
まあ、つべこべ言わずに頼めそうな人に片っ端から頼めばいいのかもしれませんが(笑)
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2011/02/15
Trackback:0
Comment:4
UserTag: 創作  小説  作品紹介  ノベリスト   
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

* No title

Webに公開した場合は不特定多数の人間の目に留まる可能性があるため、お勧めしません。
小説の評価サイトに投稿すれば、容赦の無い攻撃に似たコメントを得る事は出来るでしょうが、替りに応募する資格を失う事になりかねません。

やはり、見せるのなら身内の方が良いのではないでしょうか?
例えば両親とか、親戚とか。erikusateiさんよりも人生経験が豊富な方(願うなら読書家であり、執筆経験がある方)が周りにいらっしゃるのでしたら、その方にお願いするのが良いと思います。

文芸部内でも取り組みを行っていらっしゃるようですね。
確かに友達でもシビアなコメントをしてくださる方は少ないですね。ならばコメントする方がコメントし易い環境を作ってみるのも良いかもしれません。
匿名コメント投稿箱を設置してみるとか、コメント用の投稿用紙を作成しておくとか......。
上手く機能するかどうか分かりませんが。私の完全な思いつきなので......。
2011/02/16 【猫羊】 URL #nLFQAz4w [編集] 

* アドバイス有難う御座います

猫羊さん、コメント有難う御座います。

そうですよね。やっぱりネットは不特定多数に公開することになりますものね……。
そちら方面はよすことにします。

親戚や両親など、年上の方に見てもらうのが、やはり一番良いのでしょうね。他人に見せるよりも恥ずかしいのですが; 一度勇気を出してみようかと思います。

匿名コメント投稿も良いですね。
今まで投稿用紙というのはつくったことがなかったので、試してみようかと思います。

猫羊さん、丁寧なコメントとアドバイス、本当に有難う御座いました。
参考にさせていただきますね!
2011/02/16 【tei】 URL #- 

* No title

暫く経ってしまいましたが、コメントを残します。
誤った情報を偉そうに書いていました。

以下URLは電撃大賞の応募要項Q&Aです。
http://dengekibunko.dengeki.com/dengeki_taisho/qanda.php#qa1
Q18 に対応する A を読んだ所、Webに公開した作品であっても営利目的での公開でなければ応募する事が可能と書かれています。

完全に私の勘違いでした申し訳ありません。
erikusateiさんの応募したい賞の応募要項を隅から隅まで読んで、それでも不明だった場合は直接連絡して是非を問うた方が良さそうです。
この度は、本当に申し訳ありませんでした。
2011/03/04 【猫羊】 URL #nLFQAz4w [編集] 

* Re: No title

猫羊さん、コメントありがとうございます。

謝った情報を……とのことですが、私の方こそ、わざわざ教えていただいて申し訳ありません。
こういうことは自分で調べなくてはいけないですよね;
電撃大賞については調べたことがなかったので、そういう情報をいただけて、大変参考になりました。
これから応募する際も、きちんと要項をチェックしようと思います。

これからの参考にさせていただきます。教えてくださって、本当に有難う御座いました。
2011/03/05 【tei】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://erikusatei.blog9.fc2.com/tb.php/42-aa65dce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。