teiの庭

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 雑記 □

はやぶさ!

こんばんは。
今日は、父と母と一緒に青少年科学館へ行って、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルを見て参りました!
残念ながら撮影は禁止されていたので、配られたプリントを見ながら、文章で説明します。

今回展示されていたのは「背面ヒートシールド」、「パラシュート」、「インスツルメントモジュール」、「搭載電子機器部」、「前面ヒートシールド」、それと「『はやぶさ』帰還カプセル・カットモデル模型」と「『はやぶさ』探査機スケール模型(1/8)」でした。この内、「前面ヒートシールド」はレプリカ模型のみの展示で、他は(模型以外)実物の展示でした。

皆さんもご存知の通り、「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」からサンプル採取を行い、見事に地球に帰還した探査機です。今回展示されていたものは、その帰還のために大活躍した部分でした。

「背面ヒートシールド」は、大気圏突入の熱から内部を守るための防護材。円盤型をしていました。
「パラシュート」は、勿論、地上に着陸するためのもの。
「インスツルメントモジュール」(名前が格好良い!)はカプセルの本体部分。パラシュートを中に収めていたらしいです。外見は、ちょっと形容しづらい形……です。お椀のような形をした金属の上に、サンプルを収める筒状のコンテナがあります。(←プリントの受け売り)
「搭載電子機器部」はカプセルの動作制御や、「はやぶさ」の位置を報せるための電波を発信するもの。これは、よく見る電子回路みたいなものでした。
「前面ヒートシールド」も、「背面……」と同じように、熱防護材。こちらはドーム上の、傘のような物でした。

で、熱防護材というのがすごいんです。大気圏突入時には約3000度の熱が加わるらしいのですが、それにも一分間耐えられたのだそうです。「背面ヒートシールド」に貼られていたシールが焼けているのを見ることができました。

で、今回の戦利品はこちら。
はやぶさストラップ
写真が無駄に大きいのは、サムネイルだとよく見えないような気がしたからです。
このストラップ、クリーナーつきなのですが、円形になっている部分には空気が入っていて、中の「はやぶさ」のマスコットが動きます。さっきそれに気付いて、ちょっと興奮していました(笑)
他にも、「『はやぶさ』最後の光跡」と題された写真入りのクリアファイルや、書籍などのグッズも販売されていました。

そういえば今日は、小さなお子さんがたくさんいらしていました。
「はやぶさ」の人気は、年齢を問わないのですかね。ちょっと嬉しくなりました。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://erikusatei.blog9.fc2.com/tb.php/38-a82cc73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。