teiの庭

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 読書 □

幽霊男

こんにちは。今日は、読んだ本の紹介をしたいと思います。

今日読み終わったのは、横溝正史「幽霊男」です。
昭和53年1月30日発行、十九版。角川文庫から出たものです。図書館から借りてきたもので大層古いため、「読書メーター」で検索をかけても出てきませんでした(;ω;)

表紙がやっぱり怖い。

幽霊男表紙

あらすじ:いかがわしいモデル仲介所に、突如客として現れた、自称・画家の「幽霊男」。彼がモデルを依頼した小林恵子が、翌日ホテルの一室で殺害されているのが見つかり……。

それからばたばたと人が殺されていくというわけですね(´・д・)
この作品、やっぱりよくできていると思うのですが、何の予備知識もなくこれだけ読んでいたところ、物語中盤になって急に金田一耕助が登場するのです。これには流石に驚きました。だって、タイトルにもどこにも、金田一耕助シリーズ、的な文句はなかったものですから。
もじゃもじゃ頭を引っ掻き回しながら、金田一耕助が活躍します。飄々としながらも、なかなか捕まらない犯人にいらいらしたりしている金田一、やっぱり良いキャラでした。

こういうものを読むと、古典ミステリーを読み漁りたくなるのは世の常ですが、あいにくとわが学校の図書館には横溝正史は文庫ではこれしか置いていませんでした。あとは多分、物凄く重い全集系かと……。
うう……。重いのは勘弁です。

というわけで、横溝正史「幽霊男」、興味があれば読んでみては如何でしょうか。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Comment

* No title

最近ついーとしてたやつだね
うちの図書館にあるのかー
ぜひ読んでみたい(∩^ω^∩)
2011/02/07 【】 URL #- 

* Re: No title

快ちゃんコメント有難う!

春休み中は私が借りてしまっていると思います。スマン……。
新学期になり次第返しておくので、是非お読みくださいー。面白かったよ!
2011/02/08 【tei】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://erikusatei.blog9.fc2.com/tb.php/30-bc7238fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。