teiの庭

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 雑記 □

ホラー映画持論

こんばんは。遅い時間帯ですが、時間が有るので更新をば。

学校の方はようやく夏休みに入り、夏休み中に提出しなくてはいけない課題も今日提出して参りました。

この頃は連日ホラー映画を見ていまして、せっかく見たのだから感想などを書いておこうと思い立ち、今回のテーマをホラー映画としました。
ホラーが苦手という方もいるかと思います。多分そこまで恐ろしい話はしないので、安心して続きをお読みください(笑) 結末部分に言及する場合のネタばれはご容赦ください。

この頃見たホラー映画は、「テキサス・チェーンソー・マサカー」、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」、「エクソシスト」、「13日の金曜日」、「恐怖」、「ポルターガイスト」です。「バイオハザード4」も見ましたが、これは最早ホラーとは言えないので(笑)除外します。
このうち「テキサス・チェーンソー・マサカー」は「悪魔のいけにえ」のリメイク版で比較的新しいものです。「恐怖」も09年度に作られた日本のホラーものでした。この二本以外は、1980年代やそれ以前に作られた昔の外国のホラー映画です。ええっと、年代については別に調べてないので間違ってるかもしれません。すみません。

この中で特に面白かったものをあげるとしたら、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」と「13日の金曜日」、それと「ポルターガイスト」ですね。
それぞれについて話していたら一つの記事が相当長くなりそうなので、今回は「ナイト・オブ・ザ・リビングデット」についてのみ触れていこうと思います。

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968年 ウィキより)は、簡単に言ってしまえば、突如として次々と死者が蘇り、人々を襲うという物語です。こうしたパターンのいわゆる「ゾンビもの」の起源と言っても良い作品です。
最初私は、ゾンビに襲われて人がパニックになる、パニックムービー的ホラー映画なのかと思っていました。しかし、この映画はただパニックを描くというものではありませんでした。

あらすじ:主人公の女性バーバラは、兄と共に墓参りをしに行ったところ、ゾンビに襲われてしまう。兄はバーバラを助けた拍子に死んでしまうが、バーバラは逃げ、近くの民家へ逃げ込む。そこには他にもゾンビから逃げてきた黒人男性や夫婦、カップルなどが集まってきて、協力して(一人非協力的な馬鹿がいますが)篭城する。混乱の中、彼らは、アメリカ中の死者が蘇り生きている人間を襲っていると知る……。

まず、この映画では「何故死者が生き返ったのか」については結局解明されません。テレビ放送で、細菌説や呪術説について述べているシーンがありましたが、実際にゾンビに襲われた登場人物たちはどの説にも懐疑的でした。細菌なんかで死んだ人間が生き返るか? というようなセリフがあったと思います。
これは、「何故」という原因の究明を誰もしないという点で、個人的にはとても新鮮でした。冒頭で触れた「バイオハザード」なんかは、原因の究明が大きなテーマです。最近の映画はすぐミステリー仕立てで「何故」を追求してしまうと思うのです。「謎」を大きく取り扱ってしまうのであれば、それはホラーではなくてミステリーなのだと思うのですが……。
それはともかく。
ゾンビの登場の理由は、最後まで分かりません。しかし、その最後には、人々が現実を受け入れ、上手に(?)適応していることが分かります。すごい! と思ったのはそこです。ラストシーン。
ラストで、バーバラは一人だけで他の生存者に助けられます。夜が明けてバーバラが眼を覚ますと、生存者達のキャンプ(?)にいます。ここで、思ったよりも多く生存者がいることが分かるのですが、この生存者達、流石にゾンビたちを切り抜けてきただけあって荒くれ者ばかり。バーバラはそこで、信じられない光景を目にするのです。

なんと、生存者達は動きののろいゾンビたちを生け捕りにして、囲いの中に放してゾンビ同士で戦わせたり、木に逆さに吊るして銃で撃ったりなどしていたのです。

そんな光景を目にしたバーバラは、険しい表情をつくります。その表情がアップになり、生存者達の行為とバーバラの表情が写真のように写されて、物語は終わります。
バーバラは、映画冒頭で死者の尊厳について語っていました。それが、このラストシーンで活きてくるわけです。

つまりこの映画は、突如として襲い来るゾンビの恐怖を描くと同時に、死者の尊厳や、人間のデリカシーのなさのようなものを、うまく織り込んでいるのだと言えます。私は、ホラー映画で死者にも尊厳があるということを伝えようとしている作品を初めて見ました。その意味で、この映画は大変衝撃的且つ素晴らしい映画だったと思います。

では、残りの二作品についてはまたの記事で書きます。例になく長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いくださった方、有難う御座います。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2011/08/10
Trackback:0
Comment:0
UserTag: 映画  ホラー  ゾンビ 
Thema:ホラー映画
Janre:映画

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://erikusatei.blog9.fc2.com/tb.php/217-20bd85ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。